-占い-
Powered by Six Apart

« 諸行無常 | メイン

2010年11月22日 (月)

殉死

地域の歴史を学びたく古文書講座を受講している。
その講座のテキストで、旧佐土原藩(当初3万石後2万7000石)の歴代藩主を記録した『當家御代記』の中に殉死についての記録があった。殉死とは広辞苑によると「主君が死んだとき、あとを追って臣下が自殺すること」とある。
自遊人が知っている殉死についての知識は、古くは「魏志倭人伝」に倭の女王卑弥呼が死んだとき、徇(殉)葬者奴婢百餘(余)人の記述。646年薄葬令に人馬の殉死殉葬の禁止があること。『日本書紀』の垂仁天皇紀に皇族が亡くなるとその人に仕えていた人を生き埋めにしていたが、野見宿禰がそのような人たちを哀れに思い、垂仁天皇の后が亡くなったときに土の人形を人のかわりに立てるように案を出して、採用されたという埴輪の起源に関する話。これについては、現代の考古学では形象埴輪より円筒埴輪が先に作られているので、史実としては考えられないそうである。
新しいところでは、明治天皇の大葬当日、自邸で夫人とともに殉死した乃木大将。そして森鴎外の小説で殉死を主題にした『阿部一族』が思い出される。
殉死は必ずしも忠君のためというのは疑問もあるが、その時代の慣習には逆らえないこともあったかもしれない。その思想は第二次世界大戦終末期、国(主君)のために殉じた神風特攻隊として突撃していった人たちにも似てるように思えてならない。
ところで、旧佐土原藩での殉死記録であるが、主君(2代藩主忠興公)が亡くなって自刃したのは17年後のことである。それでも殉死扱いされているのには驚かされた。
006 記録を訳すると、
「寛永14年(1637)6月11日忠興公が江戸で亡くなられ新智恩寺で火葬。奉号は青蓮院殿前典厩宗誉原隆居士。導師は貴屋和尚。遺骨は佐土原に持ち帰り高月院にて葬禮が営まれた。殉死の士は3人いわゆる新原勘兵衛、小川廉之助、小和田和泉で殉死を願い出たけれども許されなかった。そのため空しく年月を送り、青蓮院殿17回忌に当たって承応2年(1653)6月11日夜私宅の後にて自穴を堀テ自殺ス」
とある。
写真は自宅からここに移されたのか、高月院(佐土原藩島津家御廟所)にある2代藩主忠興公の墓前に並んでいる殉死した3人の墓である。長年にわたる一途の思いが為し遂げられたということだろうか。そして、あの世において、殉死の扱いをされて名誉なことだと3人で語り合ったのだろうか。
この廟所には初代藩主以久公に殉じた藩士4人の墓も隣にある。
現代の我々には、何故にここまで忠君を尽くすのか理解しにくいが、古文書がこのような歴史の事実があったことを教えてくれたのである。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394118/25433329

殉死を参照しているブログ: