-占い-
Powered by Six Apart

« 2010年2月 | メイン | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月28日 (日)

弥生の奈良

平成21年度奈良大学の卒業証書・学位記の授与式が3月19日に大学の講堂で執り行われた。通信教育部も通学部、大学院と合同である。自遊人も今年度の通信教育部卒業生の一人であるので卒業式に出席した。

022_3 通学部各学科代表者に続き通信教育部代表に卒業証書・学位記が授与された(写真)。
学長の式辞、理事長の祝辞などがあり1時間程度で式典は終了した。
その後、通信教育部の卒業生は通信教育部棟に移動し、通信教育部長より一人ひとりに卒業証書・学位記が授与された。
通信教育部の卒業生は140人で、出席者は130人程だった。
引き続き茶話会(1時間)があり、卒業式の行事は終了した。


043 翌日、平城宮跡に行ってみた。
平城遷都1300年祭に向けてあちらこちらが工事中であった。
復元された第一次大極殿(写真)もまだ近付けなく、柵の外から見るだけである。
平城宮跡会場は4月24日~オープンらしい。
開催期間中に同窓会が計画されているので、その時を楽しみにしている。
「日本のはじまりの奈良」を合言葉にして始まる平城遷都1300年祭。
この年に奈良の大学を卒業できたことは、自遊人にとっても始まりの年にしたいものだ。

2010年3月11日 (木)

66歳の春

奈良大学通信教育部より「卒業判定・最終学年判定結果通知書」が送られてきた。その内容は、
「自遊人様は、本学通信教育部所定の卒業要件単位数以上を修得し、卒業判定・最終学  年判定会議において認定を得ましたので、卒業となります。」
と言う訳で、学習を始めて5年目に卒業要件単位の124単位となり、卒業できることになった。
5年間と言うと長いようであるが、自遊人には「もう5年経ったの」という感じである。
自遊人が取得した124単位の内訳は、テキスト33科目(74単位)、スクーリング23科目(42単位)そして必修の卒業論文(8単位)である。
その中で、リポートの再提出が5科目、科目修得試験の不合格科目(1回目)が4科目あり、5回目で合格した科目もあったが、よく頑張ったな~と今ではいい思い出である。

Photo卒業式には出席するつもりである。
今年の奈良は「平城遷都1300年」でもあり、関連するイベントも多くあるようなので楽しみである。
自遊人にとっても記念の年になりそうだ。

写真 「猿沢池にたたずむ『せんとくん』」

スクーリングで学習の場所にもなった懐かしい猿沢池、奈良の学友が送ってくれた。