-占い-
Powered by Six Apart

« 観音さま参りとは | メイン | 変化 »

2008年11月13日 (木)

時代

義兄が古くなった自宅の蔵を壊すというので、内部がどのようになっているのか蔵のなかに入ってみた。いろいろな雑品に交じって、大正時代の小学生が使用した「書き方手本」と「少年日本歴史読本」なるものが出てきた。

「尋常小学校書き方手本第四学年用下甲種」
明治43年発行、定価3銭
尋常小学校(旧制の小学校)、1886年(明治19)に設置、満6歳で入学、修業年限4年、1907年から6年に延長され、1941年(昭和16)国民学校が設置され消滅。


「尋常小学校書き方手本第五六学年用甲下甲種」
大正5年発行、定価3銭。
子どもの頃から親孝行を教えられていた。当時はそれが当たり前。親への虐待、果ては殺しなどとても考えられない時代。現代は……。


「少年日本歴史読本 第一篇 天の浮橋」
明治44年発行、定価18銭。

内容は『古事記』より採ってある。





著者は、歴史の書物は国家的観念の要請に偉大な力があるが、今の学校の児童や学生は種々の学科の関係から歴史の時間が減らされ、授業も無味乾燥になっているので、多忙であるけれども黙っているのも忍びないから筆をとった、としている。いつの時代も世を憂う人がいるものだ。

当時の子どもたちは歴史(神話)をこのような読み物で理解していたのだ。現在は神話が軍国主義に利用されたということで、学校教育では神話は教えられてなく、子どもたちは漫画で日本神話を知り、漫画が神話教育の代用となっているそうだ。

第二次大戦後(1945年〜)、先人が残してくれていた価値観を全て古いものとして捨て去ったといわれ、神話もそうであったようである(当時1歳だった自分にはわからないが)。宮崎県は『古事記』『日本書紀』に語られている日向神話の場所であり、神話の舞台となった地域があちらこちらにある。軍国主義に利用された神話ではあるけれども、もともとは土地の人々が語り継いできたもので、事実の証明がないから認められないなどと気色ばらずに物語として楽しみ、また、そういう所は景勝の地が多いので、自然と地域の文化にふれる旅をして人生を楽しむのもいいのではないだろうかと思っている。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394118/18077776

時代を参照しているブログ:

コメント

母が大正11年生まれでこの歴史読本で勉強したのでしょう。「伊邪那岐命」とあるので『古事記』からの引用と思われます(『日本書紀』は伊奘諾尊)。ついでに、伊邪那岐命が黄泉国で伊邪那美命の死骸をみて驚き逃げ帰るシーンは『古事記』にはありますが、『日本書紀』の本文には無く第六の一書だけにあるようです。この逃げ帰る途中の「黄泉比良坂」に「千引の石を引き塞へて」、その石を中に置き、「事戸を渡す」とあります。「ことどわたし」とは「離縁の宣言」のことであろうと言われています。白石先生は、『古事記』は古墳の石室から黄泉国を連想し、羨道の閉塞石を「千引の石」と見立てて物語を書いたとみています。

朱雀 さま大正生まれの女性(自分の母親世代)は、自分をなげうってでも親や子のために頑張ったのではないかとつくづく親に感謝していますが、当時の教育のせいもあったのでしょうか。この読本は『古事記』の引用だそうです。横穴式石室を黄泉の国と想定する意見が多い中で、喪屋(モガり屋)ではなかったかという意見の学者もいますね。でも石材で死者の国と現世を隔てる様子は横穴式石室の閉塞石が連想されますよね。黄泉比良坂の坂は境かもしれませんし。「ことどわたし」は死者との絶縁宣言ですね。生きている人との絶縁は悲しいですがこの場合は仕方ないですね。

 23日からのスクーリングで宮崎市の出石さんと一緒でした。文化財学演習�で卒論研究計画で生目古墳群を調べるとのことでした。地下式横穴墓の話も出ましたが、予備知識があったのでよく理解できました。自遊人さんのこともよくご存じでした。

朱雀 さまご無沙汰しています。12月のスクーリングに行かれたのですね。今回の受講で卒論はバッチリというところでしょうか。出石氏は現役で多忙な仕事をこなしながら学習され、その頑張りにはとても敬服しております。当方も予備調査票は提出しましたが、先はみえていません。

調査票は出しましたが、レポート科目が1年分以上たっぷりあるので、09年は卒論イヤー、10年はレポートと試験です。6年計画ですが卒業は程遠いことです。でも、一応前向いていますのでそのうち何とかな〜〜るだろう〜。

自遊人さん
 このところブログのupが無いので心配しています。元気なところをお見せください。

朱雀 さま

 心配かけてすみません。
今まで利用していたブログの機能強化工事で休止していましたが、運用開始になったのに休み癖がついてそのまま.になっていました。まもなく始めます。

コメントを投稿