-占い-
Powered by Six Apart

« 2008年9月 | メイン | 2009年2月 »

2008年11月

2008年11月13日 (木)

時代

義兄が古くなった自宅の蔵を壊すというので、内部がどのようになっているのか蔵のなかに入ってみた。いろいろな雑品に交じって、大正時代の小学生が使用した「書き方手本」と「少年日本歴史読本」なるものが出てきた。

「尋常小学校書き方手本第四学年用下甲種」
明治43年発行、定価3銭
尋常小学校(旧制の小学校)、1886年(明治19)に設置、満6歳で入学、修業年限4年、1907年から6年に延長され、1941年(昭和16)国民学校が設置され消滅。


「尋常小学校書き方手本第五六学年用甲下甲種」
大正5年発行、定価3銭。
子どもの頃から親孝行を教えられていた。当時はそれが当たり前。親への虐待、果ては殺しなどとても考えられない時代。現代は……。


「少年日本歴史読本 第一篇 天の浮橋」
明治44年発行、定価18銭。

内容は『古事記』より採ってある。





著者は、歴史の書物は国家的観念の要請に偉大な力があるが、今の学校の児童や学生は種々の学科の関係から歴史の時間が減らされ、授業も無味乾燥になっているので、多忙であるけれども黙っているのも忍びないから筆をとった、としている。いつの時代も世を憂う人がいるものだ。

当時の子どもたちは歴史(神話)をこのような読み物で理解していたのだ。現在は神話が軍国主義に利用されたということで、学校教育では神話は教えられてなく、子どもたちは漫画で日本神話を知り、漫画が神話教育の代用となっているそうだ。

第二次大戦後(1945年〜)、先人が残してくれていた価値観を全て古いものとして捨て去ったといわれ、神話もそうであったようである(当時1歳だった自分にはわからないが)。宮崎県は『古事記』『日本書紀』に語られている日向神話の場所であり、神話の舞台となった地域があちらこちらにある。軍国主義に利用された神話ではあるけれども、もともとは土地の人々が語り継いできたもので、事実の証明がないから認められないなどと気色ばらずに物語として楽しみ、また、そういう所は景勝の地が多いので、自然と地域の文化にふれる旅をして人生を楽しむのもいいのではないだろうかと思っている。