-占い-
Powered by Six Apart

« 2008年7月 | メイン | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月 5日 (火)

古代の墓

先月の下旬、宮崎県総合博物館主催「遺跡探訪〜諸県の古墳を歩く〜」に行ってきた。場所は野尻町〜小林市〜えびの市である。古墳といっても南九州独特の地下式横穴墓(地下式古墳とも言うそうである)が主な見学だった。珍しい墓である。

小林市にある「東二原地下式横穴群」
現在は二原遺跡公園になっている。昭和63年耕作中に1基が発見され、その後平成2年の圃場整備作業中に次々見つかり、合計16基確認されて現在は遺跡公園として整備保存されている。


「11号地下式横穴墓」保存の家

内部は、地下式横穴墓上部の土を取り去り内部が見えるようになっている。


「8号地下式横穴墓」保存の家

8号地下式横穴墓内部状況や副葬品についての説明。


「11号地下式横穴墓」
手前が竪坑、奥が遺体の置かれる玄室で、天井部はドーム状だったとか。玄室の入口は石で閉塞。玄室の広さ212cm×212cm。人骨は5体(写真はレプリカ)。
副葬品は鉄鏃15・刀子3・剣3・勅刀1・朱玉


発掘時の「11号地下式横穴墓」

『宮崎県史 資料編 考古2』より
4体が頭を玄室右側、1体は他の4体の足元。


「えびの市歴史民俗資料館」

旧石器時代〜近世までの資料が展示。なかでも、えびの市の島内地下式横穴墓群、小木原地下式横穴墓群から出土した副葬品が数多く展示。


展示品の一部
「骨鏃」(骨の矢じり)

人の骨で作ってあるのかとびっくりしたが、鹿の骨で作ってあるそうだ。


展示品の一部
「牡蠣製垂飾品」

牡蠣で作った飾りらしい、ノルウエーの画家ムンクの絵画「叫び」の顔に見えてしまう。
古代人の「叫び」かナ。




5世紀前半から7世紀にかけて出現したと考えられている地下式横穴墓は目標物がないため(造墓時にはあったらしいが)、いつも畑で耕作中とか、ブルドーザーなどの土木機械で圃場整備中に玄室が破壊(竪坑は埋め戻してある)されて発見されている。突然大きな穴が開いて調査が始まり、終ると埋めてしまうので、どのような場所にあり、どのような状態になっているのかは調査報告書や副葬品でしか知ることができない。実物が整備保存されている東二原遺跡(他には西都原古墳群がある)は興味のある人には貴重な場所であろう。