-占い-
Powered by Six Apart

« 2006年9月 | メイン | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月23日 (月)

長い1日


写真は、博多駅前のモニュメント、前方のビルが福岡朝日ビル(試験会場)

    科目修得試験のため福岡まで出かけた。

朝4時起床、高速バスで4時間、10時に博多駅交通センターに着く。

試験会場の福岡朝日ビルは目の前である。

今回は2科目受験。苦労している記号の科目「人間論�」と「国際関係論�」である。

試験は10時から始まっているが、自遊人は11時から受験する。

10時から受験していたY氏(スクーリングで世話になった)と会うが、入れ替わりのため、ゆっくり話すことは出来ない。

「人間論�」については、問題が、テキストに採録されている以下の作品を取り上げて、そこで使用されている記号と、記号の種類に焦点をあてて、シャーロック・ホームズの推理過程を解説しなさい。で「まだらの紐」についてだった。

推理するためには、何か指標とするものが必要であり、その指標が記号と理解。そして、事件について、依頼人の話を参考にし、ホームズの具体的調査を元に推理事項を挙げ、まだらの紐は「毒蛇」と結論づけた、のだがsign02

「国際関係論�」については、問題が、独立以来、インドの政権を担った主な政党について論じよ。

解答としてはインド国民会議派とインド人民党について論じた、のだがsign02

14時50分に終わる。疲れがドッと出て、早めのバスに変更し帰途についた。宮崎駅に着いたのは19時37分。

かみさんが迎えに来てくれている、感謝lovely。こうして、長い1日が終わった。

2006年10月13日 (金)

スクーリングの結果


写真は若草山(342m)の鹿
 鹿と遊ぶためではなく、鶯塚古墳(前方後円墳)を見るため、1時間ほどオッチラオッチラ登ってきたが、古墳の方にアベックがいたので反対方向を撮る。鶯塚古墳は、300m以上の山頂にある古墳としてはわが国最大級とか。

 今夏、受講したスクーリングの結果がわかった。

○社会学基礎  90点
 レポート課題 「過去、現在、未来の社会を繋ぐ絆」

○データ処理論 85点
 レポート課題 「奈良市内の史跡・旧跡をデジカメで撮影したデータを処理し、それについての説明資料をインターネットで探し、レポートを作成する」

○史学購読�  65点
 レポート課題 「大塩平八郎の乱について感ずるところを述べよ」と「印象に残った言葉と内容について述べよ(講義の合間に歴史に残った言葉をボードに書かれていたもの)」

 ※評価が低かった原因として考えられるのは、講義の合間に受講者全員に教授が用紙を配り、質問があれば書いて出しなさいとのことだったが、自遊人は提出しなかったので講義内容を理解していないと受け取られた?のかもしれない。

○国際関係論  80点
 レポート課題 2人の教授から受講したのでそれぞれに提出。
         それぞれ二者択一で「ジャポニスム」と「工芸品の収集・展示の観点からみた日独の異文化交流」を選ぶ。

◎総合評価として、一番比重を置いていた「史学購読�」が悪かったので、優・良・可でいえば残念だが 可 である。



2006年10月 3日 (火)

読書の秋

10月になりました。

「読書の秋」とか「灯火親しむの候」とかいいますね。

本を楽しむにはいい季節になりました。
自遊人も県立図書館や市立図書館を利用させてもらっています。

図書館といえば、日本最初の図書館が出来たのは、奈良県(平城京)だそうです。奈良市立一条高校の東側に「芸亭(うんてい)顕彰碑」が立っています。

今夏のスクーリング時、佐紀盾列古墳群(さきたてなみこふんぐん)を巡りに行く途中で見ました。

芸亭は図書館のことだそうです。

広辞苑によると、芸(うん)とは香草の名。古代、書籍に挿んで虫よけとした。草の香(こう)。芸香。転じて、蔵書。また、書斎。「芸閣」とあります。

このあたりに大納言石上宅嗣(いそのかみのやかつぐ 729〜781)の邸があり、芸亭院と名付け、蔵書を一同に集めて一般に公開し、平安京に遷都(794)が行われてからも続いていたそうです。