-占い-
Powered by Six Apart

« 2006年3月 | メイン | 2006年6月 »

2006年4月

2006年4月30日 (日)

西都原考古博物館4

 地下式横穴墓から出土した鉄剣に「蛆さなぎ痕付着」の文字が気になった。密閉された地下空間で何が起きていたのだろうsign02『古事記』 の中で、火の神を生んで亡くなったイザナミノミコトに、イザナキノミコトが「黄泉の国」へ会いに行った時の描写がある。             イザナミノミコトがイザナキノミコトに                         「……黄泉の国の神様に相談をして参りましょう。その間わたくしを御覧になってはいけません』とお答えになって、御殿のうちにお入りになりましたが、なかなか出ておいでになりません。あまり待ち遠だったので左の耳のあたりにつかねた髪にさしていた清らかな櫛の太い歯を一本かいて一本火を燭して入って御覧になると蛆がわいてごろごろと鳴っており……」〔新訂 古事記(現代語訳) 角川ソフィア文庫〕より                               『古事記』上つ巻 黄泉の国 の描写は、地下式横穴墓の暗黒な玄室に入ったことのある人の話を聞いた稗田阿礼(誦習者)が、この情景を想い浮かべて太安万侶(筆録者)に話したことで書かれたのではないかなsign02と、思ったりしてsign02sign02

2006年4月25日 (火)

王者の埴輪

西都原古墳群から出土した「埴輪」の紹介
(写真は西都原考古博物館所蔵 複製品)
「西都原古墳群から出土した埴輪のうちよく知られているのが、子持家といわれる家形埴輪と舟形埴輪である。これらを出土した169号墳は、王者の古墳である男狭穂塚の脇にあって、陪墳と考えられる。つまり、王者に寄り添っていることになる。埴輪の表面をよく観察すると、部分的に赤色顔料がのこっていて、当初は朱色にいろどられていたことがうかがえる。特殊な埴輪である。
〇家形埴輪 重要文化財 西都市西都原古墳群169号墳
 古墳時代中期 高さ 52� 東京国立博物館
 竪穴の母屋に4棟の付属屋がつく、特殊構造の大規模建造 物をあらわして いる。
〇舟形埴輪 重要文化財 西都市西都原古墳群169号墳
 古墳時代中期 長さ 101� 東京国立博物館
 準構造船といわれる船を表現している。
     〔日本の古代遺跡 25 宮崎 鈴木重治 保育社 1985] より


※舟形埴輪について
 2004年の発掘調査において169号墳ではなく170 号墳出土であることが 確認されている。170号墳は女狭穂塚の西に位置する陪塚の円墳である。

何れの埴輪もこのままの形で出土したのではなく、舟形埴輪は8割程度が残っていての復元であり、家型埴輪は3割程度の破片から復元したものだそうだ。

日向の王族が、このような舟で大海原を何処まで航海したのかsign02又、家型埴輪が館としてかsign02神殿としてかsign02どのように利用されたのか興味は尽きない。


2006年4月18日 (火)

西都原考古博物館2

高千穂町の陣内遺跡で出土した「土偶」の紹介
〇高さ 12.5�
〇縄文時代(後期〜晩期)
〇宮崎県内唯一の出土品といわれている。
〇再生の祈りや豊穣の祭りに使われたものと考えられている。

〇大きな乳房と下腹部のふくらみが特長的な土偶である

想像を膨らまして、
洞穴の中で若い夫と妻が火の回りに座り「元気な赤ちゃんが生まれてくるといいね」とか言いながらこの土偶を造った。そして、出来たそれに毎日祈っていた。側には土器が火に掛かり、猪の肉が煮えているという情景である。
ところが不幸な結果になり、それを悲しんで、せっかく造った土偶なのに打ち欠いて捨てたものである

ナーンテ想像するのも面白い。

2006年4月11日 (火)

西都原考古博物館

宮崎県内からは「国宝」「重要文化財」が多数発掘されていますが、実物は県外の博物館などに保管されています。
県内にも当館のように立派な博物館が出来たので、それらの品々が返却され、地元で観覧出来ればいいなと思うのは私だけでしょうか?
レプリカではありますが、県内の串間市より出土した素晴しい品の一つを紹介します。国宝の「穀璧」です。写真のように「完璧」なものです。
中国の周〜漢代の玉器のうち、皇帝が諸侯にあたえたのが「穀璧」です。福岡県の志賀島で発見された「漢委奴国王」の金印に匹敵するものではないでしょうか?

 興味のある方は西都原考古博物館に御来館ください。

 「 穀璧。日本列島で出土した唯一の玉璧
  国宝 硬玉製 径33.3� 重さ1.6�
  江戸時代に串間市王ノ山で出土
  中国漢代 前田育徳会 」
(日本の古代遺跡 25 宮崎 鈴木重治 保育社)より 

        

2006年4月 4日 (火)

西都原



4月最初の「西都原考古博物館」へのボランティアの日

西都原は菜の花満開で「鬼の巌古墳」も菜の花に囲まれ満足そう。




 「西都原考古博物館」を紹介します。
開館 平成16年4月17日
特長◯入場無料(来場された方は驚かれています)。
   ◯はユニバーサルデザインが施されている施設(子供から大人まで安心して利用できます)。平成16年この施設に対しディスプレイ産業特別賞受賞。
   ◯IDシステムと情報検索(入館するとID番号とパスワードが印字されたリーフレットが配布され、館内の情報端末により気に入った情報を記録すると、自宅のパソコンとで遠隔学習ができます)。
   次回から館内の展示物と古墳の紹介をします。

2006年4月 1日 (土)

新年度

私の在学しているschool(通信教育学部)に履修届けを出しました。
〇今年度(2年生)
テキスト科目は14科目 スクーリング科目は6科目
修得予定単位は46単位(取らぬ狸の皮算用ですがsmile)です。
〇昨年度(1年生)
テキスト科目は13科目 スクーリング科目は7科目
修得予定単位は41単位でしたが、獲得単位は29単位shockでした。

レポートには合格していても九州は受験日が少ないため、科目修得試験が受験できなくて残った科目が3科目、完全に手付かずが1科目ありました。

今年度は昨年度を反省し、悔いの残らない1年としたいものです。

とは言っても、子供の頃からの夢を叶えるためとボケ防止に始めた学習、在学期間も10年間あり、ボチボチとやるうちnoteそのうちなんとかなるだろうnoteが本音でもあります。